スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せになれる魔法のお砂糖

*フィーリア*
「~~♪」

とんとんとん

桃ちゃん
「…………」

*フィーリア*
「~~♪」

じゃっじゃっじゃっ

桃ちゃん
「そわそわそわ」

*フィーリア*
「よーし、でーきたっ♪」

桃ちゃん
「待ったましたーっ」

*フィーリア*
「もう、桃ちゃんは相変わらず食いしん坊さんなんだね」

桃ちゃん
「フィーちゃんの料理が美味しいのが悪いんだよ~」

*フィーリア*
「ありがと♪ 今日はエビチリだよー。辛いの苦手な桃ちゃんには豆板醤なしの甘い味付けで作ったんだよ。あとね、昨日の残り物の金時豆の甘煮も処分したいから、一緒に食べてね。さぁ、食べていいよー」

桃ちゃん
「いただきまーす。はぐはぐはぐ。
 うぅ~、美味しいー♪」

*フィーリア*
「そうだ、桃ちゃん」

桃ちゃん
「はぐはぐはぐ……?」

*フィーリア*
「調理してて思ったんだけど」

桃ちゃん
「もぐもぐもぐ」

*フィーリア*
「海老ってさ、カブトムシの幼虫に似てるよね」

桃ちゃん
「だー」

*フィーリア*
「わぁ、汚いよ、桃ちゃん!」

桃ちゃん
「ふ、フィーちゃんが変なこと言うからじゃない!」

*フィーリア*
「ご、ごめんね……」

桃ちゃん
「もぅ……なんだか食欲なくなってきたよ」

*フィーリア*
「まぁまぁ、こっちの金時豆も美味しいよ」

桃ちゃん
「はぐっ。あ、甘~い♪ はぐはぐはぐ」

*フィーリア*
「ねぇ、桃ちゃん」

桃ちゃん
「はぐはぐごくん……?」

*フィーリア*
「金時豆ってさ……Gの卵に似てなくない?」

桃ちゃん
「げろげろげろー」

*フィーリア*
「わぁ、だから汚いってばぁ」

桃ちゃん
「わざと!? わざとなの、ねぇ!?」

*フィーリア*
「そ、そんなことないよ……」

桃ちゃん
「お兄さん帰ってこなくて寂しいのは分かるけど、だからってこれはひどいよぅ(うるうる)」

*フィーリア*
「ご、ごめんってばぁ。ほら、これあげるから許して、ね?」

桃ちゃん
「……何これ?」

*フィーリア*
「チョコレートだよ。ちゃんと手作りなんだから」

がさがさがさ

桃ちゃん
「わぁ~~、美味しそう♪」

*フィーリア*
「食べていいよ~」

桃ちゃん
「いただきま~す。はぐっはぐっ、ん~、ほろ苦くておいし~い♪」

*フィーリア*
「お砂糖は控えめにしてあるんだよー。それにね、中にマシュマロとか金平糖とか入れてみたの」

桃ちゃん
「あ、本当だ! 何か入ってる!」


ぴんぽーん


*フィーリア*
「あ、兄さんかな!?」

がらがら

ペテ
「お邪魔します……」

*フィーリア*
「あ、ペテさんだ。どうしたの?」

ペテ
「いえ、ナンさんのところに居辛くて……」

*フィーリア*
「え?」

ペテ
「その、お二人の時間を邪魔しても悪いかと思って……かといって行くあてもないので、そのお邪魔させていただきました。ご迷惑だったでしょうか?」

*フィーリア*
「ううん、そんなことないよ。さぁ、上がって上がってー♪」


「ぴぎゃああああああああああああっ」

*フィーリア*
「……?」

ペテ
「今の桃さんの声では……?」

*フィーリア*
「どうしたの、桃ちゃ――」

桃ちゃん
「えへ、えへへへ、あははははは~」

ペテ
「目が空ろですね……」

*フィーリア*
「…………はっ!」

ばたばたばたっ

*フィーリア*
「やっぱり……」

ペテ
「ど、どうしたんですか?」

*フィーリア*
「間違って兄さんにあげるはずだったチョコを渡しちゃったみたい……」

ペテ
「えっと、お酒でも入ってたとか?」

*フィーリア*
「ううん、私もよくわかんないんだけど、陽菜子ちゃんがくれた『幸せになれる魔法のお砂糖』を混ぜてみたんだ」

ペテ
「……それって」

*フィーリア*
「なんかね、そのお砂糖には、げんかくさよーと、こうふんさよーっていうものがあって、それを使えばきせーじじつとか言うのが作れるんだって」

ペテ
「…………」

桃ちゃん
「えへへへへ、あはははは」

ペテ
「…………」

桃ちゃん
「んふふふふふ――」

ぴたっ

ぎぎぎぎぎぎっ(ゆっくり振り返る音)

桃ちゃん
「ア、フィーチャンダァ」

*フィーリア*
「びくっ」

桃ちゃん
「ナンカネ、カラダガ、ホテッテキチャッテ」

じりじりっ

*フィーリア*
「えっと、これ、もしかして危ない状況、なのかな?」

ペテ
「…………お邪魔しました」

がらがら、ぺしん

*フィーリア*
「あ、ペテさん。待って、私を一人に――」

桃ちゃん
「フニャアアアァァァッ」

*フィーリア*
「っ! きゃあああぁぁぁぁぁっ」

…………
………
……

翌朝、気持ちよく目を覚ました桃ちゃんは、散乱した部屋に、疲弊した様子で裸で横たわるフィーの姿を発見しましたと、さ。




ということで第二弾はフィーと桃ちゃんとペテでした。
空白の時間、そこで何が行われたのかは、貴方のご想像にお任せします……。
スポンサーサイト

今年一年を振り返ろう *フィーリア*編


*フィーリア*
「え、最初は私からなの?」

桃ちゃん
「みたいだねー。ナン☆さん、ふて寝しちゃってるから……」

*フィーリア*
「あぁ~、確かにあれは凹むよね……」

桃ちゃん
「あ、カメラもう回ってるよー」

*フィーリア*
「え、わわわっ」

…………
………
……

084_2.jpg


*フィーリア*
「こほん。ということで、今年一年を振り返ろう、今回は私のことを思い返していくよー」

桃ちゃん
「フィーちゃんが生まれたのは、ナン☆さんのリングメンバーのある一言から始まったんだよね」

*フィーリア*
「うん。
 『妹が欲しい』なんて言うから、その場の勢いで作られたのが私なの」

桃ちゃん
「ネタとして作られたからか、どのジョブにつくかとか全然考えられてなかったのよね」

*フィーリア*
「そうだね。何も思いつかないなら、ノービスでいいんじゃない?ってことで、いまだにノービスだよ」

桃ちゃん
「今BASE76だっけ?」

*フィーリア*
「うん。養殖とか憑依とかなしで、頑張って上げたんだよ♪
 あとね、『Idler's Tea Party』っていうリングにも入れてもらったよー」

桃ちゃん
「あ、みんなにノービス育成のことについて、何かお話してあげたらどうかな?」

*フィーリア*
「お話かぁ……
 ノービスはね、補正が凄く低いから戦闘は苦労するよ。
 だからね、ブリーダーとかガーデナーみたいなジョイントスキルになってる方が補正は高いから戦闘はずーっと楽になるんだよ?」

桃ちゃん
「うんうん」

*フィーリア*
「あとはね、AGI先行型のSTR=AGI型がお勧めかな。
 まず避けれないとすぐに死んじゃうからね……」

桃ちゃん
「最低AGI45確保、だったよね?」

*フィーリア*
「うん、AGI45あればノース台地にいるサイクロプスの攻撃を避けれるから、随分育成が楽になるよ♪」

桃ちゃん
「あ、あと、狩場は固定して属性武器を持つこと、だよね?」

*フィーリア*
「そうだね。30ぐらいまでなら属性は意識しなくてもいいけど、30を超えると狩場と狩る敵を意識しておいた方がいいね。私はサイクロプスをターゲットにして、『祈るマーシャ』を1枚挿したジャンビーヤで狩ってたかなぁ」

桃ちゃん
「AGI45に達してて、かつ戦闘服が装備できるレベル帯になると、あとは凄く楽だったね♪」

*フィーリア*
「そうね、戦闘服は一種の目安になってたかなぁ。
 私はサイクロプスでBASE50まで上げたかなぁ」

桃ちゃん
「でも50超えた後はどうするの?」

*フィーリア*
「うん、転職とかないからステータスやHPもそのままだもんね。普通にやってたら狩る場所はサウスDぐらいしかないよね……
 だからね、私は強化してみたの」

桃ちゃん
「あ、そうだったね。
 確か大木槌改に力の結晶強化で、叩き96ぐらいまで上げたんだっけ」

*フィーリア*
「そこに土属性のカードを挿して、フィーハンマーの完成だね。あとはアカデミーワンピにいのちの結晶8回強化ぐらいして580ほどHPも上げたかなぁ」

桃ちゃん
「そうすると、光の塔でウニが狩れるようになったんだよね」

*フィーリア*
「うん。あ、そうそう。ノービスでいるよりはブリーダーになってる方がいいっていう理由は補正値だけじゃないんだよ?」

桃ちゃん
「え、そうなの?」

*フィーリア*
「うん。メタモルフォーゼってスキルあるでしょ? ペットと同じ姿になれるスキル。
 あれだとね、両手持ちの槌武器の攻撃速度が飛躍的に早くなるんだよ♪」

桃ちゃん
「へぇ~そうなんだ」

*フィーリア*
「なんだか随分長いことお話しちゃったね。
 まとめると、LV30ぐらいまでは普通に、30以降は属性や狩場を意識して、50以降は結晶強化やカードの力を惜しみなく使う。こんなとこかなぁ」

桃ちゃん
「ブリーダーには篝火もあるから、回復面も問題ないね」

*フィーリア*
「そうだね、さぁて今日の晩御飯作らなきゃ♪
 今日の献立は――」


ということで、フィーの一年を振り返ろう――になってるでしょうか、これ^^;
ここに書いてあることが正解というわけではないとは思います。
きっと人の数だけ答えはあるのでしょう。でも何かの参考になれたりしたら、幸いです^^

そういえば、いつの間にかフィーは料理人という立場になってたんですよね^^;
茶室コメなんかに献立書いたりしてたら、暗黒料理人なんて称号まで……。

『じっくりことこと煮込んだインススープ』
『クローラーのマリネ』
『ヘルダイバーの地獄揚げ』

……あれ? あと何を作ったっけ?w

あ、そうそう。
どうしてナン☆がふて寝してるのかは、また後日その理由をお教えします。
まぁ、一部の方は感づいてるかもしれませんがw
ええ、いつものあれです……

さて、次は誰の一年を振り返ろうかなぁ~

あ、おまけのSSをぺたり。
084_3.jpg

フィー垢だと普通に出るんですよね……どうしてナン☆垢だけ……

フィーの秘め事

059_1.jpg

*フィーリア*
「びくっ!?」

桃ちゃん
「……今、変な人が走っていったね?」

*フィーリア*
「一瞬、兄さんに見えたけど気のせいよね?
 兄さんはあんな変なこと叫んで街中疾走したりしないもんね?」

桃ちゃん
「あ、あはは……」

おばさんA
「ねぇねぇ、ちょっと奥さん、聞きまして~?」

おばさんB
「あら、何かしら?」

おばさんA
「なんでもどんな男の人でもイチコロで落とせる料理を作る凄腕の料理人がこの町に来ているらしいわよ?」

おばさんC
「まぁまぁまぁ。それは本当なの?
 噂では聞いていたけど、実在したのね」

おばさんA
「そうなのよ。それでね」

*フィーリア*
「ふむふむ」
059_3.jpg

おばさんB
「まぁ、この子何かしら」

*フィーリア*
「あ、私に構わず話を続けてください♪」

おばさんA
「へ、変な子ね……えっとどこまで話したかしら?」


…………
………
……

*フィーリア*
「た、大変だよ、桃ちゃん!」

桃ちゃん
「うん? どうかしたの?」

*フィーリア*
「何でもどんな男の人でもイチコロで落とせる料理が作れる凄い料理人がこの町に来てるみたいなの!
 レシピ教えてもらわなきゃ!」

桃ちゃん
「……ねぇ、フィーちゃん。
 お兄さんが大好きなのは分かるけど、そこまで行くともう病気みたいなもんだよ?」

*フィーリア*
「ほら、すぐに探しに行かないと!」

桃ちゃん
「聞いてない……」

――聞き込み中――

059_4.jpg

059_5.jpg

おちこぼれ君
「あぁ、その人ならノーザンに帰っちゃったよ。
 僕も帰るところだし、良かったら魔法で送ってあげようか?」

*フィーリア*
「お願いします!」

…………
………
……

ヴァレリアの兄
「うわ、なんだ君たちは!」

*フィーリア*
「にいさ――男の人を落とせる料理を作ってください!」

じゃきっ(ジャンビーヤを首元に突きつける音)

059_6.jpg

*フィーリア*
「お願いします!」

ヴァレリアの兄
「ちょ、刺さってる! ナイフが刺さってるって!」

…………
………
……

059_7.jpg


*フィーリア*
「~~♪」

桃ちゃん
「いいのかなぁ、これで……」

*フィーリア*
「早速兄さんに届けなきゃ♪
 あ、そうだ。この間のキノコ狩りで集めたキノコで作った特性痺れ薬も一緒に。
 ふふ、うふふふ」

桃ちゃん
「…………」


フィーは凄く小話が作りにくいのです^^;
今日からハロウィン始まりましたね。
ハロウィン関係のNPCを使って、小話を作ってみました。


箒GETしました。
移動が速くて楽ちんなのですよー
059_8.jpg


おまけの小話

*フィーリア*
「死神契約イベントで余ったお菓子どうしよう、桃ちゃん?」

桃ちゃん
「う~ん、ナンさんたちにあげるのはどうかな?」

*フィーリア*
「あ、それいいね♪」

一報その頃

ナン☆
「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」

ナン☆
「ごくり」

ぎしっ

ナン☆
「…………やった」

千夏
「……?」

ナン☆
「やったーーーー! 体重が落ちた!
 やったよ、千夏!」

千夏
「あぁ、ずっとダイエットしてたもんな。
 あまり無茶だけはせんといてな」

ナン☆
「これからはこの体重をキープしていくんだ♪」

*フィーリア*
「ただいまー」

ナン☆
「あ、フィーちゃん。おかえり~♪」

*フィーリア*
「ナンさん、これイベントで余ったお菓子なの。
 みんなで食べよう?」

どさっ

テーブルに置かれるビスケット70枚、チョコレート90枚、飴40個(実際に余った数です^^;)


ナン☆
「ふ、ふふふふふふ」

千夏
「あちゃ~」

*フィーリア*
「な、ナンさん?」

ナン☆
「せっかく苦労して落とした体重を、また増やせって?
 ふ、ふふふふふ」

がしっ

ナン☆
「こんなんいるかーーーーーーーーっ!」

がしゃぁん(ちゃぶ台がひっくり返る音)

ナン☆
「町の子供達に配ってきなさい!」

*フィーリア*
「わ、分かりましたぁ!」

ナン☆
「まったく、なんてタイミングで持ってくるのよ」

千夏
「ご主人、人の好意を無下にしたらあかんよ?」

ナン☆
「うっ……ごめん」

千夏
「うちやなくて、フィーちゃんに謝らな」

ナン☆
「う、うん……」


微妙な感じですけど、これにて終わりなのです(え

THE ラスト茸

58_1.jpg
*フィーリア*
「つ、疲れたぁ~」

桃ちゃん
「お疲れ♪」

*フィーリア*
「今日でキノコ狩りも最後だからみんなで思い出作ろうって友だちに言われて、急遽ECO友イベントやっちゃったよ。ナンさんに言わずだったけど、よかったのかなぁ」

桃ちゃん
「みんなでわいわいできたんだから、いいじゃないかな?」

*フィーリア*
「今回は競争形式にしてみたよ。狙うはきのこぐるみ。
 誰が先に手に入れられるか競争したの」

桃ちゃん
「それで、それで?
 結果はどうなったの~?」

*フィーリア*
「……全滅」

桃ちゃん
「えぇ~」

*フィーリア*
「結構農家さん集まってくれたんだけど、やっぱり出ないものだねぇ」

桃ちゃん
「それで、フィーちゃんはどれだけキノコ集めたの?」

*フィーリア*
「私? しろいきのこ、通称カリフラワーが2個とあぶないキノコ8個、いけないキノコ5個かな」

桃ちゃん
「…………フィーちゃん?
 一応聞いておくけど、フィーちゃんの目的はきのこぐるみだよね?」

*フィーリア*
「ぎくっ。も、もちろん、そうに決まってるじゃない♪
 これで兄さんに使う痺れ薬とか作ろうとか思ってないヨ?」

桃ちゃん
「…………本当?」

*フィーリア*
「う、うん、当然だよ。
 これだけじゃ足りないしね……


ということで急遽ECO友イベント開催してしまいました。
お集まりいただいた皆さん、ありがとうございました^^



さて、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが
フィーの服装も冬服仕様に変えてみました。
というよりも、ナン☆の冬服案二個目がこれだったのです。

手編みのセーター桃
ミニスカート白
オーバーニー黒
シューズ

今のナン☆の冬服がおとなしめな感じなのに対して、こっちは活発系です。
ナンは脱ない乳効果で今の服の方が喜んでますし、この服はフィーに譲り渡された感じになりました^^;
ちゃんとしたSSはこちら。
58_2.jpg

こっちを見る桃ちゃんがなんとも可愛らしいのです☆
桃服だけはネコマタの顔変わるんですよ。知ってました?



さて、明日は季節イベント更新の日です。
イリスカード六枚挿しや庭園、強化など色々と更新されるみたいですね。
また可愛い装備がもらえることを期待してます♪

あ、10/23(土)は≪第四回 ECO友イベントハロウィン≫を開催します。
多くのご参加お待ちしてますね^^
詳しくは初心者掲示板か、Dt掲示板をご覧ください^^
遊びに来られたお客様
☆はじめに☆
このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。 なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
プロフィール

ナン☆

Author:ナン☆
年齢:24歳
誕生日:6月22日
血液型:A型
活動鯖;フリージア

どうぞ、ゆっくりしていってくださいな♪

画像(麻衣)はメイファスさんが描いてくれました♪
ありがとうございます^^

SNS
ECO SNSに登録してます。 登録名は*レンシア*です。 色々な人とお話してみたいなーと思っていますので、フレ申請などお気軽にどうぞ♪
ECO友イベントって何?
ECO友イベントとは、チャットルームで色々な人と楽しくおしゃべりしながら季節&フシギ団イベントなどをやろうというコミュニケーションイベントです♪ 初心者、熟練者問わず、色々な人とお友だちになりたい、なって欲しいという願いから行ってます。大体は日曜日20時からフリージア鯖にてやっております。イベント当日は情報と専用茶室を上げてますので、参加希望者は遠慮せず声をおかけください^^
FC2小説
こちらにも『ナン』で小説を登録しています。 ECOとは無関係な作品ですが、よければご覧下さい。 著者名検索で『ナン』と打っていただくか、作品検索のフリーワードのところに『ブレインキラー』と打っていただければ見つかると思います^^ http://novel.fc2.com/
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ECOブログランキング
面白ければクリックしてくださいな♪
ECO・攻略ブログ
メールフォーム
ご意見、リンク申請などはこちらにどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
応援中♪
ナン☆が個人的に応援しているサイト集です。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。