スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉へ行こう♪ ※滅茶苦茶長いですw

バレンタイン記事へのたくさんの投票ありがとうございました^^
感謝の気持ちを込めて、見事1位を勝ち取った*リーメル*と*ステラ*のイベントをどうぞ♪
あ、滅茶苦茶長くなってます(^^;)

0219r_1.jpg

*リーメル*
「温泉へ行くよ、スーちゃん♪」

*ステラ*
「…………?」

*リーメル*
「えっとね、アップタウンから温泉がある施設に行けるんだって。
 親切なお兄さんが、そこの無料チケットをくれたの♪」

*ステラ*
「親切なお兄さん?」

0219r_2.jpg

*ミシェル*
「はぁはぁはぁ、やぁ、マイエンジェル♪ 今日もご機嫌麗しいかな?
 おっと、警戒しないでください。今日はマイエンジェルにこれを差し上げようと思ってきたのですよ」

ぴらっ

0219r_2_1.jpg

*ミシェル*
「これがあれば、ECOタウンの温泉が無料で入れるのですよ」

*リーメル*
「わ~、凄~い♪
 え、これくれるの、お兄さん!?(きらきら)」

*ミシェル*
「oh~! なんて眩しい笑顔なんでしょう!
 思わず抱きしめたくなりますね~」

*リーメル*
「あ、でも、私もスーちゃんも服が……」

*ミシェル*
「任せてください! このミシェル、マイエンジェルに似合う服を至急調達してまいります!」

…………
………
……

*リーメル*
「というわけで親切なお兄さんに水着まで買ってもらっちゃった♪」

*ステラ*
「ちょっと待ちなさい…………親切なお兄さんってどこにいたのよ?
 あれは単なる変態じゃないの」

*リーメル*
「メッ! スーちゃん、人のことを悪く言っちゃダメだよ」

*ステラ*
「いや、私は至極まともな意見を……」

*リーメル*
「でもこのチケット、期限が今日までだし、捨てるのもったいないよ」

*ステラ*
「…………はぁ、分かったわよ。
 でも、水着は向こうでも売ってるでしょ? それを買いましょうね」

*リーメル*
「うんっ」

…………
………
……

~ECOタウン 温泉施設内~

*リーメル*
「わ~、広いね、スーちゃん!」

*ステラ*
「はしゃがないで、恥ずかしいじゃない」

*リーメル*
「あ、水着の貸し出し場所ってここだね。
 すみませーん、子供用の水着を2着貸してください♪」

販売員
「あ、すみません……今朝方から子供用水着が全着消失するっていう事件がありまして。現在スタッフの者が調査しておるのですが、まだ何も分かっておらず……申し訳ないのですが、ただいま子供用の水着は貸し出ししてないんですよ」

*リーメル*
「えぇっ!?」

*ステラ*
「………………どうするの、姉さん?」

*リーメル*
「うーーー」

*ステラ*
「私は別に温泉は入れなくてもい――」

*リーメル*
「スーちゃん! これ、これ使おう!」

物陰から様子を窺う変態王子*ミシェル*
「……ふふふ」

…………
………
……

*ミシェル*
「さて、マイエンジェルたちが天女の羽衣のごとき衣装をまとう様をじっくり視姦せねばなりませんね」

師匠
「ん?」

ばったり

*ミシェル*
「おや、貴方もですか?」

師匠
「え、あ、いや、違うっ! お、俺は、そう間違えた! 脱衣所を間違えただけっ!」

*ミシェル*
「ふふふ、自分を偽ってはいけませんよ。
 さぁ、自分の気持ちに素直になりなさい。そして胸を張って堂々と中に入るのです」

0219r_3.jpg

*ミシェル*
「くっ、なんて固いガードなんだ!」

師匠
「いや、だから俺は別に……」

*ミシェル*
「でも私は諦めませんよ!
 そう、事前に調べはついているのです! 男性用の脱衣所には覗き穴が設置されていることを!」

師匠
「おお~!」

~男性更衣室~

*ミシェル*
「ここです」

師匠
「すげぇ! 本当にあった!」

*レンシア*
「うわぁ~広いのですよー!」

*フィーリア*
「あ、レンさん! 走ると危ないよー」

*レンシア*
「大丈夫、レンは天使なので転んだりしな、ひゃぁっ」

*フィーリア*
「もう、だから言ったじゃない……」

*レンシア*
「……? どうしたのですかー?」

*フィーリア*
「レンさんって、スタイルいいよね……」

*レンシア*
「そうなのですか?」

*フィーリア*
「うん、それに肌も白くてとっても綺麗だし……」

*レンシア*
「でもフィーちゃんだって、可愛いと思うのですよ」

*フィーリア*
「そ、そう?」

師匠
「…………ごくり」

*リーメル*
「スーちゃん、早く着替えなよ~」

*ステラ*
「……なんでよりによってこれなの」

*リーメル*
「サイズきつかった?」

*ステラ*
「いえ、ぴったりよ。ぴったりすぎて怖いぐらい」

*ミシェル*
「ふふふふ(にこり)」

がっ

師匠
「ん?」

*ミシェル*
「どいてください。覗き穴は私が使うんです」

師匠
「お、お前なんかに妹と弟子の裸を見させてたまるかっ!
 穴は俺が使う! 俺には妹と弟子の成長を見守る権利があるんだっ!」

0219r_4.jpg

*ミシェル*
「ええい、邪魔ですっ!」

バニシングブロウ!

師匠
「どわぁ」

*ミシェル*
「ふふふ、吹っ飛んでいなさい。さぁ、マイエンジェル、その花が開く前の蕾のごとき裸体を見せてくださいね♪」

がしっ

警備員
「あぁ~君。ちょっと詰め所まで来てくれるかな?」

*ミシェル*
「む、離しなさい! 私は、私はっ、あぁ! マイエンジェルの羽衣があぁぁぁっ」

師匠
「なんか知らんが、連行されていったな…………………(きょろきょろ)……誰も見てないな。そぅっと」

すっ――

穴を覗く師匠。


陽菜子
「………(にこり)」

師匠
「………………」

陽菜子
「何をしていらっしゃいますの?(ゴゴゴゴ)」

師匠
「ナニモシテナイヨ?」

陽菜子
「滅・殺!」

びかっ

師匠
「ぎゃああああぁぁぁぁっ」

…………
………
……


0219r_5.jpg

…………
………
……

*ステラ*
「ふぅ……いいお湯だったわ。
 それにしても姉さん」

*リーメル*
「なあに?」

*ステラ*
「なんで体操服姿なの?」

*リーメル*
「お兄さんがくれたんだよー」

*ステラ*
「……スク水に体操服……しかもブルマって……完全に変態ね」

*リーメル*
「ねね、スーちゃん。ストレッチするから手伝ってー」

0219r_6.jpg

*ステラ*
「背中を押せばいいの?」

*リーメル*
「うん、ゆっくりねー♪」

ぐぐぐぐっ

*ステラ*
「姉さんって体、柔らかいわよね」

*リーメル*
「そうかなぁ?」

…………
………
……

*リーメル*
「ん~、ストレッチ終わりー♪
 さぁ、スーちゃん、上がろっか……って」

*ステラ*
「すーすーすー」

*リーメル*
「寝ちゃってる♪
 ふふふ、可愛いなぁ♪」

*ステラ*
「…………ん(むくっ)」

*リーメル*
「あ、起きた?」

*ステラ*
「……お姉ちゃん」

ごろん

0219r_7.jpg

*リーメル*
「ふおおおおおぉぉぉぉぉぉっ!
 スーちゃんが膝にぃっ!」(ぶっ)

*ステラ*
「すーすー」

*リーメル*
「あぁ、可愛いなぁ~。ほっぺ、ぷにぷにしたいなぁ~」

ぷにぷに

*ステラ*
「んぅ……」

*リーメル*
「きゃー、可愛い~♪
 もうキスしちゃおうかなぁ」

*ステラ*
「……ゃん」

*リーメル*
「なぁに、スーちゃん♪
 お姉ちゃんのキスが欲しいって? 仕方ないなぁ、今」

*ステラ*
「……ごめんなさい、お姉ちゃん……」

*リーメル*
「…………」

*ステラ*
「私のせいで、お姉ちゃんは……」

*リーメル*
「……大丈夫だよ、スーちゃん。私は大丈夫。スーちゃんは何も心配しなくていいの。お姉ちゃんがスーちゃんを守ってあげるから。だから安心して、ね?」

なでなで

*ステラ*
「ん……すーすー」

*リーメル*
「………うん、大丈夫。私は、まだ笑ってられる」







……長すぎましたw
色々ネタ消化しようと思ってやってたら、馬鹿みたいに長くw
ここまでお付き合いしていただいた皆様、ほんとにありがとでしたー♪

うん、ここでも小説ネタが混じってます。
いい加減、メル編も書かないとね(^^;)
スポンサーサイト

姉妹のチョコ作り

*リーメル*
「スーちゃん! チョコを作るよ!」

*ステラ*
「…………何よ、突然」

*リーメル*
「今日はバレンタインデーなんだよ~。
 チョコを作らなきゃ!」

*ステラ*
「ふぅん……誰か男の人ににあげるの?」

*リーメル*
「えっ?! あ、その、内緒♪ えへへへ」

*ステラ*
「…………まぁ、いいけど」

*リーメル*
「やったぁ!
 で、最初は何をしたらいいの?」

*ステラ*
「いきなり他力本願なのね……。
 大体、姉さんはチョコの作り方知ってるの?」

*リーメル*
「わかんないから聞いてるんだよー」

*ステラ*
「はぁ……ちょっと待って。チョコの作り方を書いた本は確かここに……」

*リーメル*
「んー、どんなの作ろうかなぁ~」

*ステラ*
「あった。えっと、始める前に聞くけど材料は揃ってるの?」

*リーメル*
「うん! 型抜きに、トッピング用の粉砂糖とか金平糖とか色々あるよー」

*ステラ*
「チョコは?」

*リーメル*
「え? チョコを作るんだから、チョコはないよ?」

*ステラ*
「……何、もしかして豆をすり潰すところから始めるつもりなの?」

*リーメル*
「…………?」

*ステラ*
「はぁ……姉さん、市販のもので何でもいいから、チョコを沢山買ってきて。今すぐ」

*リーメル*
「う、うんっ」

…………
………
……

*リーメル*
「買ってきたよー」

*ステラ*
「じゃあ始めましょうか。
 まずは買ってきたチョコを包丁で細かく刻むの」

*リーメル*
「包丁ないよー?」

*リーメル*
「魔法でいいんじゃない?」

*リーメル*
「よーし!
 ≪詠唱省略≫ ダンシングソード!」

しゅぱしゅぱしゅぱ

*ステラ*
「……便利ね、それ」

*リーメル*
「そうだねー。
 で、次は何をするの?」

*ステラ*
「次はこの刻んだチョコを湯煎で溶かすわ。
 刻んだチョコをボウルに入れて、鍋に50℃ぐらいのお湯を張って、その中にボウルをつけながらチョコを混ぜて」

*リーメル*
「これでいい?」

*ステラ*
「ええ、お湯は温度を上げすぎちゃダメよ。あとお湯が入ってもダメだからね」

*リーメル*
「はーい♪」

がちゃがちゃがちゃじゃぷっ

*リーメル*
「わっわわわっ」

*ステラ*
「…………はぁ」

*リーメル*
「で、出来たよー♪」

*ステラ*
「姉さん、顔、チョコでべったりよ」

*リーメル*
「えへへ、頑張ったよ♪」

*ステラ*
「えっと、あとは型に流し込んで、冷ましたら完成ね。トッピングは最後の最後だからね」

*リーメル*
「はーい♪」

…………
………
……

*リーメル*
「できたー!」

*ステラ*
「ねぇ、姉さん。そのチョコ、誰に渡すの?」

*リーメル*
「ん?」

*ステラ*
「いや、ほら、姉さんの好きな人ってどんなのかなって思っただけ。姉さん馬鹿だから、悪い男に騙されてないかって思って。姉さんの好きな人を妹として知る権利が、その、別に心配してるわけじゃない、んだけど……」

*リーメル*
「えへへ、はい♪」

*ステラ*
「……え?」

*リーメル*
「スーちゃんにあげる♪」

*ステラ*
「…………私、に?
 え、ちょ、ちょっと待って。まさか最初からそのつもり、で?」

*リーメル*
「そうだよー。スーちゃんにはいつも助けてもらってるし、たまにはお姉ちゃんらしくスーちゃんにプレゼントしたいなぁって。と言っても、スーちゃんに教えてもらったんだから、意味ないかな、あはは」

*ステラ*
「…………」

くるっ

*リーメル*
「あれ、何で後ろ向くの?」

*リーメル*
「な、なんでもない……ちょっとだけ、待って……」

*リーメル*
「変なスーちゃん」

くるっ

*ステラ*
「…………」

*リーメル*
「あれ、スーちゃん、目赤く」

*ステラ*
「なってないわよ」

*リーメル*
「え、でも?」

*ステラ*
「それよりも、はい」

*リーメル*
「え? それ私が作ったチョコだよ……?
 も、もしかしていらなかった?(おろおろ)」

*ステラ*
「違うわよ。姉さんが作ったチョコじゃないわ。『私たち』が作ったチョコよ。
 だからこれは私から姉さんへのプレゼント」

*リーメル*
「……え?」

*ステラ*
「~~~~っ、だから、一緒に食べようって言ってるの!(かぁぁ)」

*リーメル*
「…………うんっ!
 あ、これ美味しいね、スーちゃん♪」

*ステラ*
「……悪くはないはね」

*リーメル*
「…………ねぇ、スーちゃん。私、ちゃんとお姉ちゃんやれてるかな?
 スーちゃんのお姉ちゃんになれてるかな?」

*ステラ*
「…………何を馬鹿なこと言ってるのよ。寝言は寝てるときだけにしてちょうだい」

*リーメル*
「がぁ~ん」

*ステラ*
「姉さんは姉さんじゃない……例え血が繋がってなくても、貴方は私の姉さんよ」

*リーメル*
「…………うんっ。
 あ、スーちゃんスーちゃん。あ~ん」

*ステラ*
「ちょ、止めてよ!」

*リーメル*
「えぇ~、ちょっとぐらいいいじゃない。誰も見てないんだしー。ほら、お姉ちゃんの言う通りにして。あ~ん♪」

*ステラ*
「~~~~っ」



以上、姉妹ネタでした。
何気に重大な事実が書かれてたりしますが、こちらもいずれ公開されるであろう『星降る夜に花束を ロータス編』で明らかになります。
ロータス編は、別名リーメル編とも言います。。
ということで長かった、全キャラ記事も次で最後ー(;;)
最後は切なくいきますよー
遊びに来られたお客様
☆はじめに☆
このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。 なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
プロフィール

ナン☆

Author:ナン☆
年齢:24歳
誕生日:6月22日
血液型:A型
活動鯖;フリージア

どうぞ、ゆっくりしていってくださいな♪

画像(麻衣)はメイファスさんが描いてくれました♪
ありがとうございます^^

SNS
ECO SNSに登録してます。 登録名は*レンシア*です。 色々な人とお話してみたいなーと思っていますので、フレ申請などお気軽にどうぞ♪
ECO友イベントって何?
ECO友イベントとは、チャットルームで色々な人と楽しくおしゃべりしながら季節&フシギ団イベントなどをやろうというコミュニケーションイベントです♪ 初心者、熟練者問わず、色々な人とお友だちになりたい、なって欲しいという願いから行ってます。大体は日曜日20時からフリージア鯖にてやっております。イベント当日は情報と専用茶室を上げてますので、参加希望者は遠慮せず声をおかけください^^
FC2小説
こちらにも『ナン』で小説を登録しています。 ECOとは無関係な作品ですが、よければご覧下さい。 著者名検索で『ナン』と打っていただくか、作品検索のフリーワードのところに『ブレインキラー』と打っていただければ見つかると思います^^ http://novel.fc2.com/
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ECOブログランキング
面白ければクリックしてくださいな♪
ECO・攻略ブログ
メールフォーム
ご意見、リンク申請などはこちらにどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
応援中♪
ナン☆が個人的に応援しているサイト集です。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。